d_travel00

d design travel SHIZUOKA 発売記念パーティー&トークショー


デザインの視点で日本を紹介するデザイントラベルガイド「d design travel」の静岡特集号が、2月25日(金)に発売となります。その発売を記念したレセプションパーティーとトークショーが行われます。 «more..»

oilworks00

JAKATA presents SYNCHRO meets OILWORKS


subswitchで紹介させていただいた「勝山八千代」さんが参加するイベントの情報が届きました。
このイベントで彼女は、ライブペイントを行うようです。ぜひご来場ください! «more..»

chiyo15

合同展示会のお知らせ


subswitchで紹介させていただいた「勝山八千代」さんと他2名の方の合同展示会情報です。 «more..»

Siriporn Khuwichitsuwan from Thailand

 …
今、とてもいい季節のタイからSiriporn Khuwichitsuwanのデザインを紹介します。彼女はタイで活動するデザイナーさん、平面のグラフィックデザインから店舗や空間、 «more..»

デザイン ア・ラ・モード 2011


静岡デザイン専門学校の卒業制作展が、2月4日から6日まで静岡のグランシップで開催されます。ファッションショーから展示までの企画・運営・設営・広報を学生主導で行ってます。様々な体験を積み重ねてきたシズデ生が魅せる学生生活最後の大イベント ! «more..»

静岡呉服町商店街×SCV DESIGNERS No.3

 … 
3月のSCVFを目指し、昨年よりミーティングを重ね進行していた静岡呉服町商店街とSCVのデザイナーとのコラボレーション、その中身も徐々にカタチになってきました。 «more..»

NOTHING dESIGN GROUP from KOREA


NOTHING dESIGN GROUPは韓国のトップデザイングループ。日本、ドイツをはじめ海外でも活動し、その繊細なデザインはグラフィックのみならずプロダクト、インスタレーションと様々なジャンルで発揮されています、 «more..»

conect01

CONNECT.展

CONNECT. & KDMproducts

”Re デザインユニット”CONNECT.の活動を紹介する展覧会を行います。静岡県藤枝市に在住する覚上知幸氏と児玉純弥氏は、小学校の解体作業に関わる中で、良質な木材がごみとなってただ捨てられていることを目の当りにし、それらごみの中からプロダクトを作る活動を始めました。 «more..»

静岡呉服町商店街×SCVF MEETING 12.2010


2010年12月。静岡呉服町商店街事務局にてSCVF参加の商店街のクライアントとデザイナーたちのミーティングが行われました、既に個々のクライアントとデザイナーは何度かの打合せは行われていましたが合同で経過報告を行うのはこの機会が初めてとなります。 «more..»

G07

G07展


G07[ジーゼロナナ]、互いが互いを高めあう、創り手として・発信者として此処に遠慮はいらない。表現方法は多種多様、グラフィック・フォト・アート・ファッション・ミュージック・映像・立体 «more..»

ノーマジーマモーテンテン


ちょっと面白いグループ発見。静岡デザイン専門学校でデザインを勉強中の4人組、視点や目の付けどころがユニーク、上の2点の作品は「遊びの中から生まれた、生々しい作品。手が左右対称になっているだけだが神秘的。」 «more..»

Designers Saturday Langenthal Schweiz


先月スイスで開催されたDesigners Saturday Langenthal Schweizを画像で紹介します、日本にも数多くのデザインイベントがありますが、最近は景気を反映し規模も縮小され、参加企業、デザイナー «more..»

SCVF meeting in CCC


2011年3月開催予定の静岡コンテンツバレーフェスティバルに参加するデザイナーがCCCに集まりミーティング。静岡を代表するデザイナーは、グラフィック、空間、プロダクトと様々なジャンルから参加し、 «more..»

今日もどこかで。

今日もどこかで。


1972年に放映されたTVアニメ「デビルマン」。そのエンディングテーマ「今日もどこかでデビルマン」をモチーフに、デビルマンが今日もどこかで旅する記録。 «more..»

TANIGUCHI industrial art × cactus design GRAPHICA


このプロジェクトは有限会社谷口工芸が静岡の地元デザイナーとコラボレーションし、従来のプロダクト製品にDESIGN、INSPIRE、INDIVIDUALプラスARTSを加えて、 «more..»